GIFT Company 利用規約

 >   >  GIFT Company 利用規約

GIFT Company利用規約

この規約(以下「本規約」といいます。)は、日本テクノ株式会社(以下「乙」といいます。)が乙の顧客に提供するポイントサービス(以下「当サービス」といいます。)に関するウェブサイト「GIFT Street」(以下「当サイト」といいます。)への出品、商品の発送及び商品代金の請求などに関する条件を定めるものであり、当サイトに商品を出品する全ての法人または個人事業主「GIFT Company」(以下「甲」といいます。)に適用されます。甲は、当サイトへ出品を行なう前に、本規約をよくご確認してから同意するようにしてください。

第1条(本規約への同意)
1 甲は、本規約の定めにしたがって当サイトへ出品しなければならず、本規約に同意しない限り、当サイトへ出品できないものとします。
2 甲は、当サイトにおいて、本規約への同意手続を行ない、乙が、甲に対して、第5条(当サイトへのギフト出品に関する申し込み)2項に従い当サイトの利用に必要なIDとパスワードを発行した時点で、甲と乙との間で、本規約の定めにしたがった当サイトへの出品、商品の発送及び商品代金の請求に関する契約(以下「本契約」といいます。)が成立するものとします。

第2条(本規約の変更)
1 乙は、本規約の内容を、いつでもその判断で変更、追加できます。変更後の利用規約は、当サイトに掲示します。
2 甲は、変更後の利用規約に同意しない場合、当サイトへの出品をただちに中止するものとします。
3 甲が、本規約の変更後も、当サイトへの出品を継続する場合、変更後の利用規約に同意したものとみなします。
4 乙は、本規約を変更し、かつ当該変更により甲に著しい不利益を与えると乙が判断した場合、甲に対して、変更後の利用規約について、当サイト上で同意を求めるものとし、この場合、甲は、変更後の利用規約に同意しない限り、当サイトへの出品を行なえないものとします。

第3条(用語の定義)
本規約において使用する語句および用語は、それぞれ次の意味内容とします。
(1)ギフトとは、甲が当サイトへ出品する商品をいいます。
(2)注文者とは、乙の顧客であり、当サイトを通じて、ギフトを注文する者をいいます。

第4条(当サイトの目的・趣旨)
1 乙は、GIFT Streetというウェブサイトを通じて、甲に対して出品の機会を与え、甲と注文者間におけるギフトに関する取引の機会を提供いたします。甲は、当サイトを通じて注文者からギフトの注文を受けた場合、注文者に直接ギフトを発送するものとします。ただし、乙は、甲が注文者に対して発送したギフトの代金(消費税相当額を含みます。)および配送料について、第15条(乙のギフト代金等の支払い)にしたがって甲に対して支払うものとします。
2 乙は、甲が注文者に対して行なうギフトの発送、品質保証、ギフトの瑕疵その他の品質、数量の不完全があった場合の返品、修理、クレーム対応には関与せず、一切の責任を負わないものとします。ただし、必要に応じて注文者と連絡をとって甲に対して必要な措置を求める場合があります。

第5条(当サイトへのギフト出品に関する申し込み)
1 甲は、当サイトへのギフト出品を希望する場合、乙に対して、乙の定める会社情報等を登録して、本規約への同意手続を行なって申し込みます。
2 乙は、甲の前項の申し込みを受けた場合、審査を行ないます。乙が、甲を適正と判断した場合、当サイトの利用に必要なIDおよびパスワードを甲に発行します。甲は、当サイト上にて、第8条(コンテンツの表示)に基づきコンテンツの登録を行なって当サイトへのギフト出品を行ないます。

第6条(GIFT Companyの条件)
1 甲は、乙が提供するサービス(ESシステムサービス契約、エコテナントサービス契約、電力需給契約等)を導入している法人または個人事業主とします。上記の条件を満たしていても、乙が当サイト利用者として適当でないと判断した法人または個人事業主については、乙はGIFT Companyとしての登録を断る場合があります。なお、乙が特別に認めた場合には、上記条件を満たしていない法人または個人事業主であっても、GIFT Companyとしての登録を認める場合があります。
2 甲は、当サービスに登録するには、以下の情報を当サイトに登録し、乙に提供しなければなりません。
(1)法人名称または氏名、住所、電話番号
(2)管理責任者の氏名、電子メールアドレス
(3)乙の甲に対するギフト代金支払のための甲指定の金融機関口座(国内のものに限ります。)
(4)その他乙が指定する必要事項

第7条(出品における注意)
1 甲は以下のものを当サイトにギフトとして出品してはならないものとします。
(1)法令で販売または所持が規制されているもの
(2)公序良俗、モラルに反するもの
(3)商品に関する契約等で、譲渡・転売が禁止されているもの
(4)悪用されるおそれのあるもの
(5)青少年の保護育成上好ましくないもの
(6)第三者の権利または利益を侵害する可能性があるもの
(7)その他、乙が不適切と判断するもの
2 甲は、販売に際して、免許、許可、届出等(以下「免許等」といいます。)が必要な商品を、当サイトにギフトとして出品する場合には、自己の費用および責任で、当該免許等を取得した上で、当サイトに出品しなければならないものとし、乙の求めに応じて、当該免許等があることの証拠となる書面を、乙に提出しなければならないものとします。この場合、当該免許等がない場合には、当該商品は、当サイトへギフトとして出品してはならないものとします。

第8条(コンテンツの表示)
1 甲は、当サイト上に、乙の定める規格に従い、会社に関する情報やギフトに関する情報等(以下「コンテンツ」といいます。)を合理的期間内に登録します。
2 甲は、前項のコンテンツの登録にあたり、次の事項を遵守するものとします。
(1)第25条(禁止事項)その他本規約に反する表示をしないこと
(2)わいせつ、グロテスクその他一般人が不快感を覚える表示をしないこと
(3)不当表示の印象を与えるものまたは注文者に誤認を生じさせるおそれのある表示は使用しないこと(「元祖」「日本一」「こだわり」「人気」「話題」「激安」等)
3 ギフト名・画像・ギフト説明が同じギフトを重複登録することは禁止とします。
4 乙は、前条及び本条1、2項に基づき甲の登録情報の審査を行ないます。乙は、その情報が当サイトにふさわしいと認めた場合には、当該登録情報を許可し、当サイト上に公開します。甲は、当サイトに登録情報を公開されたときから、出品ギフトに係る問合せ、受注、発送等、その他対応を始めます。
5 甲は、当サイトにコンテンツを公開後、第2項その他本規約等により認められる範囲内で、公開情報のコンテンツを改訂することができます。甲は、コンテンツについては、常に最新の情報を提供するよう、定期的に確認や更新を行ないます。改訂、更新等を行なった情報は、乙が審査を行ない、当サイトにふさわしいと認めた場合には、当該コンテンツの登録を許可し、当サイト上に公開します。
6 乙は、甲に対して、前2項に基づき、甲が登録したコンテンツを審査して許可した後であっても、事後的に甲のコンテンツが、当サイトにふさわしくないと乙が総合的に判断した場合または当サイトにふさわしくない状態に至った場合には、その内容および表示を変更、非公開、当サイトから削除することができるものとします。その場合、第26条(当サイトの変更、停止、廃止および免責)3項の規定が準用され、コンテンツの変更、非公開または削除によって甲が損害を被った場合でも、乙はその一切の責任を負わないものとします。

第9条(意思表示の到達時期)
1 乙が、甲が届け出た甲の住所に書面を郵送した場合には、甲の受領拒絶・不在その他の事情で書面が到達しなかった場合または配達が遅延した場合でも、通常到達する時期に到達したものとみなします。
2 乙が、甲が登録した電子メールアドレス宛に電子メールを送信した場合には、当該電子メールは甲が受信した時点または乙による送信後24時間の経過のいずれか早い時点に到達したものとみなします。
3 乙が甲に対し、甲が登録した電子メールアドレス宛に電子メールにより連絡した場合、甲は、速やかに当該連絡事項の確認をしなければならず、甲による確認または当該電子メールアドレスが前項により到達したとみなされた時点から24時間の経過のいずれか早い時点に当該連絡事項は甲に到達したとみなします。

第10条(管理責任者)
1 甲は、本規約に基づくギフト登録およびギフト発送等を行なうに際して、管理責任者を置き、以下の義務を負います。
(1)管理責任者および当サイトを利用したギフト等に関与する者(以下「管理責任者等」といいます。)に対し、当サイトに関するシステムおよびその利用方法を十分理解させること
(2)管理責任者等に乙からの連絡に利用する電子メールのメールボックスを管理させること
2 甲は管理責任者を変更する際には、変更後の管理者責任者の氏名を直ちに当サイト上で変更登録を行ないます。
当サイト利用者の問合せに対し、電話や電子メール等で甲の3営業日以内に対応できる体制を整えること。

第11条(注文者のギフト注文)
注文者が当サイトを通じて乙が付与したポイントを利用してギフトを注文した場合、甲は、次条に基づいて、注文者に対して、ギフトを発送しなければならないものとします。ただし、当該ギフトの生産中止などのやむをえない場合にはこの限りでなく、注文者指定の発送先への発送ができない旨を注文者および乙に対して、直ちに通知するものとします。

第12条(甲のギフトの発送)
1 甲は、当サイトを通じてギフトの注文を受けた場合、注文者指定の発送先にギフトを速やかに発送しなければならないものとします。なお、甲は、ギフトの発送の際は、納品書を同梱するものとします。
2 甲は、ギフトの発送業者、発送予定日、発送状況、到着予定日その他の発送に関する状況については、当サイト等を通じて注文者および乙に通知しなければなりません。

第13条(ギフトの受発注に関する書類またはデータ等の保管)
 甲は、ギフトの発送および納品を証する証憑その他関係書類またはデータを甲の責任のもと7年間保管し、乙の要請があるときはいつでもこれを提示するものとします。

第14条(甲の請求)
 甲は、注文者指定の発送先に発送したギフトの代金(消費税相当額を含みます。)および配送料について、当該ギフトを注文者指定の発送先に発送した日から甲の3営業日以内に、乙に対して、乙指定の請求書を送付して請求します。なお、乙は配送料以外に発生した手数料は一切負担せず、ギフトの代金および配送料は、ギフト登録時に甲が定めた金額とします。

第15条(乙のギフト代金等の支払い)
1 乙は、甲に対して、甲から前条の請求を受けた場合、当該ギフト代金(消費税相当額を含みます。)および配送料について、請求書を受領した日が属する月の翌々月10日に甲指定の金融機関口座に振り込みます。ただし、支払日が金融機関休業日に当たる場合は、その前営業日に繰り上げて支払います。なお、振込手数料は乙が負担します。
2 甲が、甲の故意または過失により、当該ギフトを、注文者指定の発送先に配達できなかった場合、前項にかかわらず、乙は、甲に対して、当該ギフト代金等(ギフト代金、消費税相当額および配送料をいいます。以下、同じものとします。)を支払わないものとし、既に乙が甲にギフト代金等を支払い済みの場合には、甲は、ギフト代金等を乙に対して返金しなければなりません。その際の振り込み手数料は、甲が負担するものとします。

第16条(甲の危険負担および注文者に対する責任)
1 甲は、ギフト発送後、注文者受領前に生じた甲の故意・過失によらないギフトの損傷滅失についてその危険を負担します。この場合、甲は、注文者に対して、自己の負担で、再度ギフトを発送、修理等を行なわなければなりません。
2 甲は、注文者に対して、ギフトの発送、品質保証、ギフトの瑕疵その他の品質、数量の不完全があった場合の返品、修理、クレーム対応その他の一切の責任を負うものとします。
3 甲は、注文者やギフトの発送先等との間で紛争等が生じた場合、すべて甲の責任と負担において解決するものとします。
4 乙は、甲と注文者やその他の第三者等との間の紛争について、甲の同意を得ることなく、当該注文者またはその他第三者等に対し当該紛争に関する情報提供その他の援助を行なうことができます。

第17条(ギフトに関する乙の免責)
乙は、注文者に対して、甲が注文者に行なうギフトの発送、品質保証、ギフトの瑕疵その他の品質、数量の不完全があった場合の返品、修理、クレーム対応その他の一切の責任を負わないものとします。

第18条(乙のギフト注文)
乙は、甲に対して、当サイトを通じてギフトを注文することができます。この場合、本規約上の注文者を乙と読み替えて本規約を準用するものとします。

第19条(著作権等)
1 当サイトにかかる著作物については、乙が製作したものは乙が、甲が製作し当サイトに登録したものは甲が、それぞれ著作権を有します。
2 甲は、甲以外の第三者が著作権を有する著作物を当サイトに掲載する場合、事前に当該第三者から当該著作物を乙および甲が使用することについて許諾を受けなければなりません。
3 甲は、乙に対し、前項の甲の著作物について、乙が当サイト内外のプロモーション等のため、当サイト内や乙が妥当と判断する方法により無償で使用することを許諾します。なお、甲は、前項の第三者の著作物について、乙がその利用許諾を得ることに協力するものとします。

第20条(個人情報)
1 甲は、当サイトを通じて取得した、注文者(発送先を含みます。本条において同じものとします。)の個人情報(個人情報の保護に関する法律に定める個人情報をいいます。以下、同じものとします。)について、ギフトの発送及びギフトに関する対応の目的の範囲内で使用し、目的の範囲外の使用をしてはならず、かつ第三者に漏洩してはなりません。
2 甲は、個人情報の管理に必要な措置を講ずるものとします。
3 甲は、ギフトの発送及びギフトに関する対応の目的達成に必要最小限の範囲で、個人情報を複製することができます。
4 甲は、個人情報について、ギフト発送及びギフトに関する対応の目的の範囲を超えて利用する場合、注文者および乙に対して書面で同意を得るものとします。
5 本条の規定は、本契約終了後もその効力が存続するものとします。

第21条(守秘義務)
1 甲および乙は、本契約期間中または契約終了後にかかわらず、本契約および本契約に関連して知り得た情報、その他相手方の機密に属すべき一切の事項を第三者に漏洩・開示・提供してはなりません。ただし、あらかじめ相手方の書面による承諾を得た場合には、この限りではありません。
2 乙は、前項にかかわらず、法令もしくは国の機関等により要請された場合または乙が、甲・第三者等の権利、財産の保護のためもしくは当サイトの運営のため必要と判断した場合、国の機関等または守秘契約を締結した提携会社に対し、甲に関する個人情報を含めた情報を開示することができるものとします。

第22条(会社情報の変更義務)
甲は、社名や所在地、連絡先等の当サイトへ登録した会社情報を変更した際は、当サイトにて速やかに変更後の情報に変更しなければなりません。

第23条(パスワードの管理等)
1 甲は、乙から発行されたパスワードについて、第三者に知られないよう管理し、パスワードの盗用を防止する措置を甲の責任において行ないます。
2 甲は、当サイトへのアクセスに際しては、乙所定の方法により、乙より発行されたIDおよびパスワードを入力しなければなりません。
3 乙は、当サイトへアクセスする際に入力されたIDおよびパスワードが登録されたものと一致することを乙が所定の方法により確認した場合には、甲による使用とみなします。
4 乙は、甲がIDおよびパスワードの盗用、紛失等を原因とする不正使用、その他の事故等により甲に生じた損害については一切責任を負いません。
5 甲がIDおよびパスワードを忘れたとき、乙が所定の方法により甲と確認した後、再発行します。

第24条(契約期間)
本契約の期間は、契約締結日から1年間とします。ただし、契約期間満了日前までに、甲による当サイトにて解約の手続き、または乙による本契約を更新しない旨の甲が登録した電子メールアドレス宛への連絡がない場合には、更に1年間本契約を更新し、以後も同様とします。

第25条(禁止事項)
1 甲は、以下の行為を行なってはなりません。
(1)注文者の判断に錯誤を与えるおそれのある行為
(2)偽造品、違法品、盗品、または詐欺的ギフト等の出品
(3)乙、他のGIFT Companyまたは第三者の知的財産権(著作権、商標権、特許権、営業秘密を含みます。)やその他の所有権(パブリシティ権やプライバシー権を含みます。)を侵害、名誉毀損、誹謗中傷、その他の不利益を与える行為またはそのおそれのある行為
(4)虚偽の情報を登録すること
(5)パスワードを第三者に貸与・譲渡すること、または第三者と共用すること
(6)乙と同種または類似の業務を行なう行為
(7)乙の当サイトの運営・維持を妨げる行為
(8)当サイトの一部または全部を改竄、改変、または消去する行為およびそのおそれのある行為
(9)当サイトが用いるネットワークシステムの正常な運用を妨害する行為およびそのおそれのある行為
(10)当サイトが用いるネットワークシステムを利用して他のネットワークシステムに不正にアクセスする行為およびそのおそれのある行為または、これらのシステムに損害を与える行為および損害を与えるおそれのある行為
 (11)サーバその他乙のコンピュータに不正にアクセスする行為
(12)上記各号の他、法令、国内外の情報通信ネットワークの規則、公序良俗に違反する行為および違反のおそれのある行為
(13)上記各号のいずれかに該当する行為を助長する行為およびそれらの行為を助長するおそれのある行為
(14)上記各号の他、乙が不適切と判断する行為
2 甲の行為または不作為が本条における禁止事項に該当するか否かは、乙の判断によるものとします。
3 甲は、法令により販売が禁止されているギフト等、第三者の権利を侵害するおそれのあるギフト等、当サイトのイメージに合致しないと乙が判断したギフトを登録することができません。

第26条(当サイトの変更、停止、廃止および免責)
1 乙は、甲に事前の通知することなく、当サイトの仕様、ユーザーインターフェース、システム等の変更もしくは追加または当サイトの内容更新その他の理由による当サイトの全てあるいは一部を停止もしくは廃止を行なうことができるものとします。
2 乙は、サーバに障害が発生した等の理由により、当サイトにおける甲の利用に支障が生じると乙が判断した場合には、混乱防止のために必要となる措置を取ることができます。
3 乙は、甲が当サイトに関して被った損害(前2項の措置による場合、サーバまたはソフトウェアの障害・不具合・誤動作、本契約に基づく当サイトの全部または一部の滅失、当サイトの全部または一部の停止、甲の公開禁止、発送先との取引等によるものを含みますが、それらに限られず、またその原因の如何を問いません。)について、一切責任を負わないものとします。

第27条(損害賠償)
1 甲の本規約違反行為のほか当サイトへの出品または当サイトの利用に関して、乙に損害が生じた場合、甲は、乙に対して、その全ての損害(弁護士費用を含みます。)を賠償しなければなりません。甲の行為により、乙が、注文者または第三者から損害賠償請求その他の請求を受けた場合も同様とします。
2 当サイトへの出品または当サイトの利用に関して甲が被った損害につき、乙が、債務不履行責任または不法行為責任を負う場合には、乙は、甲に現実に発生した直接かつ通常の損害に限り、これを賠償する責任を負うものとし、特別な事情から生じた損害については、責任を負わないものとします。

第28条(乙による解約・解除)
1 乙は、甲が以下のいずれかの事由に該当した場合には、何らの催告なしに本契約を解除するとともに、直ちに甲のギフト情報を当サイトおよびサーバから削除することができます。
(1)本規約に違反したとき
(2)差押え、仮差押え、仮処分その他の強制執行または滞納処分の申し立てを受けたとき
(3)破産、民事再生、会社更生、会社整理または特別清算の申し立てがされたとき
(4)前2号の他、甲の信用状態に重大な変化が生じたとき
(5)解散または営業停止状態となったとき
(6)乙からの連絡に対して、甲の14営業日を越えても乙への返信がないか、乙がそのような状態であると判断したとき
(7)ギフト等について行政当局による注意または勧告を受けたとき
(8)ギフト等が公序良俗に反しまたは当サイトにふさわしくないと乙が判断したとき
(9)本項各号のいずれかに準ずる事由があると乙が判断した場合
(10)その他乙が甲との本契約の維持が困難であると判断した場合
2 乙は、事由の如何を問わず、甲の電子メールアドレスに通知することにより本契約を解除することができます。
3 本条1、2項により本契約が終了した場合でも、乙は、甲に対し、設備投資、費用負担、逸失利益その他甲に生じた債務につき一切責任を負いません。この場合、第30条(契約終了に伴う措置)の規定を適用します。
4 解約後は、乙はギフト情報を当サイトへの表示を行ないません。

第29条(甲による解約)
甲は、第24条(契約期間)の規定にかかわらず、解約を希望する際は、当サイトにて解約手続をすることにより本契約を解約することができます。この場合、第30条(契約終了に伴う措置)の規定を適用します。なお解約後は、乙はギフト情報を当サイトへの表示を行ないません。

第30条(契約終了に伴う措置)
1 本契約終了以前に甲がギフトの注文を受けた取引については、本契約終了後においても本規約の規定に従って処理されるものとします。
2 第16条(甲の危険負担および注文者に対する責任)に定める甲の義務および責任は、本契約終了後も有効に存続するものとします。
3 本契約の終了にあたって、乙は甲に対し、設備投資、費用負担、逸失利益その他甲に生じた損害について一切責任を負わないものとします。

第31条(反社会的勢力との絶縁)
1 甲および乙は、それぞれ相手方に対し、次の各号の事項を確約します。
(1)自らが、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標榜ゴロ、特殊知能暴力集団その他これらに準ずる者(以下「反社会的勢力」と総称します。)ではないこと
(2)「反社会的勢力」と次の関係を有していないこと
ア 自らもしくは第三者の不正の利益を図る目的、または第三者に損害を与える目的をもって「反社会的勢力」を利用していると認められる関係
イ 「反社会的勢力」に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなど反社会的勢力の維持、運営に協力し、または関与している関係
(3)自らの役員(取締役、執行役、執行役員、監査役、相談役、会長その他、名称を問わず経営に実質的に関与しているものをいいます。)が、「反社会的勢力」ではないこと、および「反社会的勢力」と社会的に非難されるべき関係を有していないこと
(4)「反社会的勢力」に自己の名義を利用させ、本契約を締結させるものでないこと
(5)自らまたは第三者を利用して本契約に関し次の行為をしないこと
ア 暴力的な要求行為
イ 法的な責任を超えた不当な要求行為
ウ 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
エ 風説を流布し、偽計または威力を用いて相手方の業務を妨害し、または信用を毀損する行為
オ その他前各号に準ずる行為
2 甲または乙の一方について、次のいずれかに該当した場合、その相手方は、何らの催告を要さず即時に本契約を解除することができるものとします。
(1)前項(1)から(3)までの確約に反する表明をしたことが判明した場合。
(2)前項(4)の確約に反し契約を締結したことが判明した場合。
(3)前項(5)の確約に反した行為をした場合。
3 前項の規定により、本契約が解除された場合、解除された者は、その相手方に対し、相手方の被ったすべての損害(弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。
4 本条2項の規定により本契約が解除された場合、解除された者は、解除により生じる損害について、その相手方に対し、一切の請求をすることができないものとします。

第32条(準拠法)
本契約および本規約に関する全ての事項における準拠法は、日本法とします。

第33条(協議解決および管轄)
本規約に定めのない事項および本規約の各条項の解釈につき、疑義、紛争が生じた場合、甲ならびに乙は、誠意をもって協議の上、円満解決をはかるものとします。万一、協議が整わない場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

2017.4.1 初版